動物看護士の一日

8:00 ケア

出勤したらまず、入院している動物たちのケアを行います。
部屋の掃除、それぞれの体調に合わせて散歩や食事、お薬をあげたりします。


診療日の場合 … 9:00 診療START!

看護士は処置室・レントゲン・麻酔の補助に分かれ、獣医師・研修医・学生が行う診療をサポートします。
動物が暴れないように、優しく声を掛けながら適切な保定を行うように心がけています。
薬やエサなどの在庫の管理、調剤も看護士が行います。
1時間おきに入院動物の状態を見て異常はないかチェックしています。


手術日の場合 … 9:00 START!

獣医師・研修医・学生が手術を行うので看護士はそのサポートをします。
たまに、看護士が手術の助手を行ったりもします。


16:00 ケア

朝と同様に入院している動物たちのケアを行います。
担当している動物によっては、レーザー治療やプールリハビリを行っています。


ケアが終わったら… 掃除!

隅々までしっかりと院内の掃除をします。



先頭に戻る