飼い主の皆様へ|診療を受けるには

動物が診察を受ける方へ

当院で診察を受ける場合、以下の点にご注意ください。

  1. 動物はしゃべることができません。来院される場合、病状をしっかり把握されている方がいらしてください。
  2. 検査等で診察に時間がかかる場合があります。できるだけ時間に余裕をもって、早い時間に来院してください。また病気の種類によっては、診察の順番が変わる場合があります。ご了承ください。
  3. 検査に影響をおよぼすことがあるので、朝食は与えずに来院してください。なお、若齢の動物や、疾患によってはこの限りではありません。ご予約の際にご確認下さい。
  4. 他の動物との接触事故や逃走を避けるため、首輪(胴輪)とリードをしっかりつけるか、ケージに入れて来院して下さい(特に猫の飼い主様はケージをご準備下さい)。また駐車場や待合室でもリードを放さないよう(猫はケージから出さないよう)ご協力お願い致します。
  5. 当院は獣医学教育施設の側面も有しています。学生実習にご協力ください。

動物が手術を受ける方へ

動物の病気の治療、あるいは検査のため手術が必要となることがあります。この場合、以下の点にご注意ください。

  1. 手術日は原則として水曜日となっております。手術前に診察を受けていただき、手術予定日、予算などを担当医と相談し、ご予約いただきます。
  2. 手術予定前日の夕方より絶食してください。小型犬、幼若動物に関しては、担当医とご相談ください。飲水に関しては制限の必要はありません。病気によっては、絶食時間や事前の処置が変わる場合もありますので、担当医にお尋ねください。
  3. 手術予定日の来院は、原則として当日の午前9:00とさせていただきますが、詳しくは担当医にお尋ねください。
  4. 水曜日の手術状況に関する電話連絡は、担当医が手術中の場合にはお取り次ぎできません。必要な場合は、こちらからご連絡いたしますが、詳しくは事務または担当医にお尋ねください。

動物を入院させる方へ

動物の病気の状態によって、あるいは検査のため、手術前などに入院が必要となることがあります。この場合、以下の点をご理解下さい。

  1. 面会時間は担当医とご相談ください。土・日・祝日の面会についても担当医にご相談ください。
  2. 当院は、夕方4:00~朝9:00の電話連絡は担当獣医師に取りついでおりません。必要な場合は、担当医からご連絡いたしますが、詳しくはご相談ください。
  3. 当院は、24時間体制の病院ではありません。入院している動物に対しては、できる限りの看護をいたしますが、夜間の不慮の事態には対処できない場合がございます。ご了承ください。
  4. ペットシーツあるいはご家庭で不用になったバスタオル等をお持ちください。

治療費について

診断・治療を行うための検査費、治療費、手術費は決して安いものではありません。予算や不明な点などは担当医または事務員にご相談ください。また、費用は現金支払いとなっております。当日、不足等で支払いができない場合は支払い一時猶予願をご提出いただきます。

その他、不明な点は 診療 Q&A を参照して下さい。また、お電話にて直接お問い合わせ下さい。


先頭に戻る