病院概要

施設のご案内

待合室

圧迫感のない、開放的な待合室となっています。

診察室

診察室は合計6室あります。

処置室

診察室の奥には広い処置スペースが確保されており、シンク付き処置台やICU対応ケージ、セントラルモニター、超音波診断装置等が設置されています。

臨床検査室

血液検査、尿検査などの臨床病理学的検査を行うためのスペースです。
血球計算器、ドライ式生化学分析装置、顕微鏡、自動蛍光免疫測定装置、血液凝固時間分析装置などを設置しています。

大型犬入院室

大型の入院管理を行う部屋です。
大型犬でも窮屈な思いをせず入院可能です。

猫専用入院室

犬と猫の入院室を分け、猫が過ごしやすい入院環境です。
部屋はガラス張りとなっており、スタッフの目が届きやすくなっています。

入院室

状態の安定している患者さん用の入院室です。
部屋はガラス張りとなっており、スタッフの目が届きやすくなっています。

ICU入院室

温度、湿度、酸素濃度を管理できる重症患者用の入院室です。
全てのケージはICU対応ケージとなっています。
センター内には感染入院室、猫入院室などを含め、全6機のICU対応ケージ(最大12ケージ)が稼働しています。

入院監視室

入院監視室は入院セクションの中央に配置されており、センター内の全ての生体モニターを監視できるセントラルモニターを設置しています。
セントラルモニターの画像はセンター内の4ヵ所で確認可能です。

処置室/内視鏡検査室

簡易処置や歯科処置および内視鏡検査などを行う部屋です。
処置台2台、麻酔器が●台、内視鏡2台が設置されており、手術前の準備等もここで実施します。

手術室1・2

高度清潔手術が可能な陽圧手術室が2室あり、 外科用イメージ(Cアーム)や手術顕微鏡、ベッセルシーリングシステム、 超音波手術装置、高磁場メス、硬性鏡手術システム、整形外科用ドリル、麻酔ワークステーションなどの特殊な手術設備を備えています。
また獣医師の見学や研修に備えて、術野をディスプレイできるシステムを有します。

カンファレンス室

会議や小講義、症例カンファレンスなどに使用します。

感染診察室

感染症が疑われる患者さんのための診察室です。

感染入院室

感染症が疑われる患者さんのための入院室です。
ICUケージや麻酔器などを備えており、一通りの処置はこの室内で行うことができます。

CT室

CT検査は、短時間で生体内の細かい情報を得ることができ、病気の存在や病態を明らかにするために有用です。
現在、当動物医療センターでは8列ヘリカルCT撮影装置が稼働しています。

MRI室

MRI検査は強力な磁石と電波の性質を利用して体内を様々な方向の断面画像として作り出すことができます。
X線を使わないため放射線の被ばくはなく、脳や脊髄などの検査に威力を発揮します。

放射線治療室

放射線治療はがんの治療において、手術療法や化学療法と並んで、もっとも大切な治療法の1つです