病院概要

センター長あいさつ

センター長 谷 健二
センター長 谷 健二

センター長

谷 健二

Kenji Tani

山口大学共同獣医学部附属動物医療センターのホームページをご覧いただきありがとうございます。当センターは国立大学の附属施設として以下の3つの役割を有しています。

①高度獣医療施設として
当センターは中国,四国,九州北部を中心として紹介症例が来院する動物診療施設です。これまで西日本における獣医療の拠点病院としての役割を果たすべく,最新の医療機器を積極的に導入し,飼い主の皆様,御紹介いただく獣医師の先生方のご期待に添えるよう努力してまいりました。当センターの獣医師と動物看護師をはじめとするスタッフ一同は「動物と人の幸せのために何が出来るか」を念頭に獣医学の知識を有する者として真摯に動物と向き合い,飼い主の皆様のお役に立てることを心掛けながら高度獣医療を実践しております。
②教育施設として
当センターは共同獣医学部の附属教育病院としての機能も有しており,高年次の獣医学部学生が経験豊富な獣医師の診察や検査の補助を行っております。また,研修獣医師の雇用とその教育,定期的に獣医師向けセミナーを開催することで獣医師の卒後教育にも寄与しております。このような活動は次世代を担う人材の育成に必要不可欠であり,動物と人がともに幸せになれる社会の実現に貢献できる獣医師,信頼される獣医師を育成したいと考えております。
③研究施設として
残念ながら,当センターでも治療の甲斐もなく亡くなってしまう動物もあります。このような動物たちを救うためにも新たな診断法,治療法の開発とそのための研究は重要であり,当センターでも共同獣医学部との連携の下,臨床研究活動を通じて獣医療・獣医学の発展に寄与したいと考えております。

一般の方の中には,「大学病院は実験材料とされるのでは」などのご懸念があるかもしれません。しかし,当センターでは,担当獣医師の責任の下,家族の一員として生活している動物と飼い主の皆様のことを最優先して診断と治療に従事することをスタッフ一同心掛けております。今まで以上に飼い主の皆様,ご紹介いただく獣医師の皆様に信頼して頂ける施設となるようこれからも努力してまいります。